南アフリカの経済について

2008年04月10日

主要産業 農業は畜業、とうもろこし、柑橘類、その他の果物、小麦、砂糖、羊毛、皮革類。

鉱業は金、ダイヤモンド、プラチナ、ウラン、鉄鉱石、石炭、銅、クロム、マンガン、石綿。 石油の産出は無い。

工業は食品、製鉄、化学、繊維、自動車等。豊富な鉱物資源を誇り、特に金は世界の産出量の半分を占める。この豊富な産金力を背景にクルーガーランド金貨を発行していたが、現在は限定品としてのみ僅かに販売されている。

近年、ダイムラー・クライスラー社が、ダーバン市内に自動車製造工場を建設。メルセデス・ベンツ Cクラスの右ハンドル車の製造・出荷を開始した。これらの車両は主に、日本やイギリスに輸出している。またBMW、フォルクスワーゲンや日産自動車なども輸出拠点として同国に工場を置いている。なお、これらの拠点は東海岸のポートエリザベスに多く存在している。

GDP成長率は2005年5.1%、06年5.0%[1]と堅調な成長が続いている。南アフリカ共和国の通貨、ランドも2003年来、対米ドルで上昇傾向にある[要出典]。現在日本国内で南アフリカランド建ての外貨預金を商品化しているのは広島銀行とスタンダードチャータード銀行とイーバンク銀行の3行。

ビクトリア・アルフレッド・ウォーターフロント
↑ビクトリア・アルフレッド・ウォーターフロントはテーブル湾に面した港で、ショッピング・センター、レストラン、
ホテルなどが集まるケープタウンの新しい観光スポットである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。